エルサレムと各国の平和

 で ブログ
vor-blog-image-header

"エルサレムの平和のために祈りましょう。「あなたを愛する者たちが繁栄しますように...」"(詩篇122:6、NKJV)とあります。)

この言葉は、イスラエルの神を信じる現代の私たちにとって、どのような意味を持つのでしょうか。

"エルサレムの平和のために祈りを捧げ..."

ナイジェリア、アフガニスタン、そして忘れてはならないニューヨーク、パリ、ピッツバーグでの衝撃的なテロ行為で知られる世界で、真の平和とはどのようなものでしょうか。西欧諸国の多くは、イスラエルに住む人々が日々直面している、恐怖と不確実性に悩まされている現実に、突然目を覚ましているようです。

もちろん、私たちは、神の究極の計画が、死も痛みも悲しみの涙もなくなる永遠の王国であることを信じ、知っています(黙示録21:4)。しかし、新しいエルサレムが現れる日を心待ちにしている私たちにとって、神様がこの世に与えてくださる平和とは、混乱がないことだけでなく、困難な状況の中にも神様がおられることを認識することなのかもしれません。エルサレムの上に神の平和を祈りつつ、すでに愛する人を失い、想像を絶する困難を歩んでいる人々のために、神の力を求めましょう。

"あなたを愛する者が繁栄しますように..."

エルサレムの平和のために祈るとき、私たちは、エルサレムを愛し、その平和と繁栄を優先させる神の心に自分自身を合わせることになります。この祈りの場から、私たちは信仰者として、自分自身の人生、家族、そして地域やコミュニティにおいて、神の平和と安息の祝福を受けることができるのです。今日、あなたは主の平和を必要としていますか?神は、イスラエルの平和を求める人には惜しみなくその平和を与え、エルサレムと国々に神の王国を拡大しようとする人には繁栄を約束されています。

この重要な日に神の目的が達成されるように祈り続ける中で、私たちの神の平和と祝福が、今日のニュースの見出しに見られるような暴力や破壊といった一時的な障壁を超えているという事実に慰めを得ることができます。私たちは、未来のために主の平和を求めて叫び続け、また、現在の必要な時に私たちに手を差し伸べてくださる主の平和を信じ続けようではありませんか。

神の平和のために祈るという聖書の命令に沿うための最初の一歩として、グローバルな エルサレムの平和を祈る日 10月の第一日曜日に ここをクリック をご利用ください。

もっと知りたいですか? The Bishop and The Rabbi」は、ロバート・スターンズ主教が司会を務め、ユダヤ人コミュニティからさまざまなラビをゲストに迎えて毎週お送りしている、ダイナミックで有益なポッドキャストです。この記事の内容、ユダヤ教とキリスト教の視点から見たヘブライ語聖書、アメリカと中東の時事問題、ユダヤ教とキリスト教の協力関係の将来などのトピックについての議論を紹介しています。最新のエピソードをご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。 カリスマ・ポッドキャスト・ネットワーク!

最近の投稿
X