イエスがアイドルになるとき

 で ブログ
screen-shot-2021-09-13-at-1.05.04-pm

本題に入ります。

アメリカの福音主義教会に50年いて、そのうち30年は指導者として働いてきましたが、欧米の教会のかなりの割合が、イエスに関連する深遠で危険なスピリチュアリティに向かっていること、そしてある意味ではすでに向かっていることに、私はますます警鐘を鳴らしています。そう、私はイエスと言ったのです。

神は、神の民とのコミュニケーションが始まった当初から、偶像崇拝の危険性について繰り返し警告してきました。神は十戒の中で「あなたには、わたしの前に他の神々があってはならない」(出エジプト記20章3節)と明確に宣言しています。エジプトから出てきたイスラエルの大きな罪は、金の子牛を作ったことです。自分のイメージ、想像、デザインの神です。

数ヶ月前からこの問題に関心を持ち、祈りと考察の対象としてきましたが、数週間前、毎週日曜日の朝の礼拝でのある瞬間に、この問題が私の中で結晶化しました。その瞬間はとても衝撃的でした。

ワーシップリーダーとシンガーたちは、情熱的かつ誠実に「最新のコーラス」を歌っていました。(現在、私たちのワーシップソングの賞味期限は約3週間のようです。でも、それはまた別の記事で。乞うご期待)私は、曲を知らなくても、礼拝に参加しようと頑張っていました。しかし、コーラスを覚えようと一緒に歌っているうちに、ふと何かが大きく間違っていることに気づきました。

礼拝のコーラスは神への冒涜だった。完全な、危険な異端です。

なぜなら、この人たちは神を愛し、教会を愛し、主のために最善を尽くしていると思うからです。しかし、この曲の本質は、天にはただ一つの王座があり、イエスはその上に一人で座っておられる、ということを繰り返し語っていました。

ここでの問題(そして、私は、カモフラージュされているが危険な異端であると主張したい)は、あなたの聖書によれば、イエスは天の玉座で一人で支配しているわけではないということです。

ここで理解していただきたいのは、この曲の作者は宇宙の座敷を表現しようとしているということです。ここでは、振りかけによるバプテスマと浸礼によるバプテスマの違いのような、神学上の些細な点を扱っているのではありません。私たちが扱っているのは、この世のすべてのもののパワーセンターなのです。ですから、正しいことをしましょう。ヨハネの黙示録の4章と5章を読んでみると、まったく違うことがわかります。そこには、24の他の玉座に囲まれた玉座があり、子羊(イエス)が玉座の「真ん中」に立ち(5:6)、「玉座に座っておられる方の右手から」巻物を取っている様子がはっきりと描かれています(5:7)。それはまさにそこにあります。黒と白で。パトモス以来です。子羊(イエス)は、"玉座にいる方 "から巻物を受け取ります。

もし私たちがこの曲を正しく理解していないとしたら、つまり、この曲の初期の作曲、録音、レビューにおいて、どこかの誰かが基本的な聖書のリテラシーを持ち合わせておらず、「ちょっと、これは玉座の間を正確に反映しているとは思えません」と言う心の余裕がなかったとしたら、それは信仰の共同体としての私たちについて何を語るのでしょうか?このことは、アメリカや西欧の福音主義における基本的な聖書リテラシーと神学の状態について何を語っているのでしょうか?

礼拝の話に戻ります。

私は立ち上がって、ワーシップリーダーを遮り、音楽を止めて、「この曲は続けません。この曲は続けません。そして、私たちは歌う曲にもっと注意を払う必要があります。そして、この曲の神学的な欠点を5分ほど説明しました。

友よ、どうか私の心に耳を傾けてほしい。言葉には意味があります。言葉にはインパクトがある。言葉はその誠実さではなく、その正確さで評価されます。そして、この礼拝コーラスの言葉や、私が全国で聞いているこのような多くのコーラスの言葉は、非常に欺瞞的で危険な傾向の証人であり、補強でもあります。

Where We Are Right Now

この現代的な教会の姿の中で、私たちは永遠のものを忘れてしまった。創造主です。I Am that I Am」。そして、私たちは聖霊を忘れてしまいました。神の風、息、そして火です。そして、私たちが夢中になり、魅了されているイエスは?残念ながら、彼は私たちが自分のイメージで作った人です。彼は真のイエスではありません。私たちは、ほとんどの場合、別のキリスト、さらには反キリストを崇拝しています。私たちが崇拝しているのは、アメリカや西欧のイエスであって、今は「高き御威光の右に」(ヘブル1:3)座っておられる聖書のイエスではありません。

私たちは主への畏れを失っています。礼拝における威厳と聖なる敬意の感覚を失っています。アメリカの教会では、今ほどカリスマ的、ペンテコステ的な礼拝が行われたことはありませんが、尊い聖霊の臨在はどこにあるのでしょうか?しかし、尊い聖霊の臨在はどこにあるのでしょうか?聖霊の賜物はどこで働いているのでしょうか?

私たちは、自分たちの「親友」であるイエスを創造しましたが、イエスが歴史上どのような人物であったかについては、あまり考えていません。聖書をその文脈の中で学び、適切な釈義から得られる報酬を見つけ、事実とフィクション、歴史と神話を区別するために深く集中して取り組むこともありません。私たちは、神学をインスタグラムの投稿から得ているのです(それが神学と呼べるものであれば)。

要するに私たちは、聖書を知らず、神学的に浅く、精神的にナルシストなのです。そして、これが「もう一人のキリスト」を生み出しているのです。

私たちの世界には大きな問題が起きています。もっと大きなトラブルがやってくる。それはドアの前にある。そして、誠実さや善意、キャッチーなビートや歌詞では、私たちを支えることはできません。私たちは再び神と出会い、格闘する必要があります。それは簡単なことではありませんが、それだけの価値があります。

イエス様とは?

西洋の教会は、イエスを知るために深く格闘し始めなければなりません。それは、「内なる声」や「心の中の親友」のようなイエスではなく、(誠実さの中にあっても)根拠のない、根のない、したがって主観的で意味のないイエスに陥りやすいものです。彼は誰なのか?彼は本当に何を言ったのか?何を言っていなかったのか?私が従っているこの方は誰ですか?

律法と預言者は、神がユダの家系の中から起す正しいしもべを予言していました。クリスチャンとして、私たちは、イエスがそのしもべであり、ヘラルドであり、父への架け橋であると信じています。もし私たちが意図的に、あるいは無意識のうちに、イエスを御父よりも高くするような西洋的な見方をしたり、あるいは意図せずにイエスが御父に代わって御座に就くような結果になったりするなら、私たちは聖書が描いていない神を崇拝することになる危険があります。それは重大な異端です。

ここでは、私たちが瞑想し、語りかけなければならない新約聖書の聖句をいくつかご紹介します。

さて、すべてのものが御自分に従わされるとき、御子自身も、すべてのものを御自分の下に置かれた方に従わされ、神がすべてにおいてすべてであるようにされるのです。(Iコリント15:28)

...それは、父なる神の栄光のために 、天にいる者、地にいる者、地の下にいる者のすべてのひざが、イエスの名によってひざまずき、すべての舌が、イエス・キリストは主であると告白するためである。(ピリピ2:10-11)

"しかし、 真の礼拝者が霊と真理をもって 父を礼拝する時が来ており、今がその時である。" "父はそのような礼拝者を求めておられるからである。(ヨハネ4:23)

そこで、イエスは答えて彼らに言われた。「確かに、あなたがたに言いますが、子は自分では何もできず、父がなさるのを見るのです。(ヨハネ5:19)

最後に、イエスは、子である自分には知らされていなかった再臨のタイミングを含め、最終的な現実の展開について父への依存を宣言した。

"しかし、その日、その時のことは、天の御使いたちでは なく、わたしの父だけが知っています。"(マタイ24:36)

私たちが礼拝するイエスは、イエスがこの地上に現れた聖なる方、日の古代の荘厳な栄光の代わりや代用品ではありません。

来日したイエス

イエスは、御父の心を明らかにし、御父の仕事を完成させ、イスラエルと諸国民の救いを告げ、暗闇の業を滅ぼすという特定の使命を持って地上に来られました。イエスは、私たちが父を個人的に知ることができるように、私たちが栄養を得るために有機的につながっている、命を与えるぶどうの木です。そして最も重要なことは、神の子としてのイエスのアイデンティティーは、唯一の力ある神であり、宇宙の父であるイエスと表裏一体であるということです。

私たちは、イエス様のありのままの姿を礼拝しようとしているのでしょうか。それとも、イエス様がどのような方であるか、あるいはどのような方であってほしいかを想像し、「イメージする」という危険な習慣に陥っているのでしょうか(おそらく、心から、そして知らずに)。聖書に書かれていることを聞いてください。

あなたは自分のために、あらゆる種類の偶像や、天や地や海にあるものの像を作ってはならない。(出エジプト記20:4 NLT, 強調)

私たちが、ナザレ出身のユダヤ人であり、いと高き神の右に座す小羊であるイエスに立ち返ることができますように。

私たちが、ありのままのイエスを知り、私たちの行動や周りの世界への奉仕を通してイエスを現すために生きることができますように。そうすれば、イエスが言われた聖句が成就するでしょう。「...父なるあなたがわたしの中におられ、わたしがあなたの中にいるように、彼らもまたわたしたちの中で一つとなり、あなたがわたしを遣わされたことを世の人々が信じるようになるためです」(ヨハネ17:21)。

もっと知りたいですか?The Bishop and The Rabbi」は、ロバート・スターンズ司教がホストを務め、ユダヤ人コミュニティからさまざまなラビをゲストに迎えて毎週お送りしている、ダイナミックで有益なポッドキャストです。この記事の内容、ユダヤ教とキリスト教の視点から見たヘブライ語聖書、アメリカと中東の時事問題、ユダヤ教とキリスト教の協力関係の将来などのトピックについての議論を紹介しています。今すぐチャンネルを合わせて、最新のエピソードをお楽しみください。 カリスマ・ポッドキャスト・ネットワーク!

 

最近の投稿
X