本物の弟子入りを選択する

 で ブログ

私たちの社会では、すべてが「今、ここ」に向けられているようです。あらゆる気まぐれや願望が、クレジットカードや決済アプリを使ってオンラインですぐに手に入り、その願望は(本物であれ捏造であれ)夢見たよりも早く叶えられるという主張が添えられている。ダイエットからソウルメイト探し、一夜にしてベストセラー作家になることまで、あらゆることがそうだ。 

しかし、キリスト教の弟子となるには、規律、意図、時間が必要であり、最近の価値観の中では、決して高いものではありません。

先日のポッドキャストで 人は数字ではないそして、ラビ・エイブラハム・クーパーと私は、人は数えるべき大量の「数」ではなく、それぞれに価値と意味を持つ個々の命であるという真理について、律法の中から考察しました。

次世代の若者たちに対して、私たち(教会)はこの世の空虚な誘惑に代わる価値あるものを提供しているでしょうか。それとも、基準を下げ、メッセージを安っぽくし、単なる「数」として彼らの魂を奪い、彼らを誘い出そうとする人々と同じ手口で競争しようとしているのでしょうか? 

40年近く弟子入りし、弟子入りしてきたキリストの体の指導者として、次の世代を弟子入りさせるために、私たちが注目すべき3つの核となる領域を提出したいと思います。 

1.次世代を「みことば」で律する

私たちのユダヤ教の遺産は、神の言葉の至高の重要性を教えています。この文化では、学習者はラビの足元に座り、書かれた御言葉を暗記します。子供が成長するにつれ、聖書の公開朗読が学習プロセスの一部となり、その後、議論、推論、応用が行われるようになる。 

私たちの文化では、神の道を歩むことを望むすべての若者、すべての弟子の生活において、神の言葉が適切な位置を占めることが急務となっています。聖書の暗記と公開朗読は、すべての牧師と青年牧師が優先的に行うべきものであり、それによって私たちは、真理と道徳的卓越性を備えた人生を築くための確固たる基礎を得ることができるのです。  

2.祈りの中で次世代を律する

教会は、持続的で組織的な執り成しの訓練から遠ざかれば遠ざかるほど、神の心から遠ざかっていくのです。ダビデや昔の預言者たちがそうであったように、神の言葉に基づいた祈りは私たちの霊的生活のまさに基盤であるべきです。 

他の文化では、祈りの目的、力、そして統一された力を理解しています。例えば、イスラム教の世界では、祈りに置かれた価値は他のすべての価値を凌駕しています。そして、ここでは、祈りは特定の少数の人たちだけのものではありません。祈りはむしろ、彼らの宗教生活の共通項なのです。もし可能なら、私たちの愛と個人的な救い主が私たちに教えるために地上に来られたことを学ぶために、十字架の敵として自らを立てる人々を見なければならないとは、なんと残念なことでしょう。 

友よ、もし神が私たちを通して動いてくださるのを見たいのなら、私たち自身が祈りの場へ移動しなければなりません。私たちは、弟子たちが献身的な祈りと執り成しの祈りの重要性を理解し、これらを単なる習慣としてではなく、ライフスタイルとして実践できるようにしなければなりません。 

3.CHARACTERにおける次世代へのディシプリン

キャラクターとは、誰も見ていないときの自分の 姿である」と言われることがあります。人格とは、こうありたいと願うものでも、こうありたいと思うものでもなく、自分自身がそうであることなのです。私たちのような即物的なものが賞賛される社会では、人格は自然に疎外されます。私たちが大切にするものは、子供たちにも大切にするよう教えることになるのです。私たちは才能を大切にしているのでしょうか。聖霊の油注ぎに価値を置くのか、それとも聖性と忠実さをもってその油注ぎを管理する能力に価値を置くのか。 

私たちは、弟子たちの中に神としての人生を追求するような勤勉な心を育てているのか、それともプロセスよりも結果を優先しているのか、自問自答する必要があります。油そそがれ、力に満ちた福音の奉仕者を育てたいと願う私たちは、外見は「できた」ように見えても、中身は未熟なままという、中途半端な取り組みをしていないでしょうか。  

義の実を蒔かなければ、刈り取ることはできない。リンゴは何もないところから突然現れるわけではありません。収穫を得るためには、種を蒔き、育てなければならないのです。私たちは、若い人たちに真の霊的成熟まで辛抱強く挑戦させることで、種を蒔いているでしょうか。それとも、熟した、豪華な、魅力的なリンゴのように見えるが、実際には食べられないリンゴを人工的に作ることにエネルギーと資源を注いでいるのでしょうか? 

世界は飢えています。この世代の霊的に孤児となった若者たちは、本物の何か、本物の何か、魂に栄養を与える何かに飢えています。

今日、私はあなたに、誰かと意図的に本当の意味での弟子関係を結ぶという挑戦をしたいと思います。イエスは弟子たちに真理以外のものを提供されませんでした。弟子たちがイエスの教えは辛すぎると言って見捨て始めたときでさえ、イエスはメッセージの完全性を損ないませんでした。もし私たちがキリストの後に弟子を育てるという使命を果たすためには、私たちも同じことを進んでしなければなりません。

もっと学びたい? ビショップ&ザ・ラビは、ロバート・スターンズ主教が司会を務め、ユダヤ人コミュニティーの様々なラビをゲストに迎えた、ダイナミックで情報満載の週刊ポッドキャストです。この記事の内容、ユダヤ教とキリスト教の視点から見たヘブライ語聖書、アメリカや中東の時事問題、ユダヤ教とキリスト教の協力関係の将来といったトピックについての議論を紹介しています。最新のエピソードをお聞きになりたい方は、以下をクリックしてください。 こちらをクリック

最近の投稿
<em class='evo_tooltip_box'></em>
X