エルサレム・ポスト紙のロバート・スターンズ。イスラエルで繰り返される歴史

 ブログで

1990年代初頭、ソビエト連邦崩壊後、ロシアやウクライナのユダヤ人がイスラエルに殺到し、故郷が財政危機に陥り、東欧のユダヤ人社会としての将来が極めて不透明となった。

何千人ものウクライナのユダヤ人が戦争の恐怖から逃れ、イスラエルで新しい生活を始めているのだ。

ウクライナの人々は、ロシアの侵攻によって想像を絶する苦難を強いられてきた。イスラエルは、このような難民の大量流入に進んで門戸を開き、実質的に何も持たずに到着した新しい移民の人口を吸収するために、その人道的組織に大きく傾注しているのである。

政治的・社会的な課題を抱えている国が、どのようにしてこのような大規模なプロジェクトに、しかも迅速に取り組むことができるのでしょうか。

イスラエルが誕生して以来、その土地はディアスポラの遥か彼方からやってきたユダヤ人にとって物理的にも精神的にも避難所となり、他に類を見ない集団巡礼の地となったのです。

正直に言えば、私の信仰の伝統は、このような相互依存の共同体、つまり言語や文化の違いという障壁にもかかわらず、固有の一体感によって結ばれた人々の共同体に相当するものはないのです。

しかし、イスラエルでは歴史が繰り返されている。ユダヤ人は、ユダヤ人が常に行ってきたこと、つまり民族として生きることを行っているのだ。

私の考えでは、今日のニュースヘッドラインの最大の話題は、プーチンのロシア侵略が何をしたかということではない-それは恐ろしいことであり、国際社会全体から当然非難されるべきことである。私にとっては、イスラエルの人々が、戦争で荒廃した異国からの人々に再び国境を開いたことが、より説得力のある話なのである。

難民からエチオピア人、チェコ人、ポーランド人、アメリカ大陸の欧米人...みなイスラエルで新しい人生を歩んできた。わずか74年の間に、その数は350人近くにのぼる。総人口1千万人足らずの国としては、実に驚くべき数である。

強いイスラエルがある限り、"さまよえるユダヤ人 "は故郷と呼べる場所を持つことができる。このことは、国際社会がイスラエルから学ぶべきことであり、イスラエルへの感謝と連帯が、イスラエル人が提供する歴史的事例とともに発展しなければならない多くの理由の一つである。

ロバート・スターンズ司教は、「イーグルスの翼」の創設者であり、エグゼクティブ・ディレクターです。 イーグルス・ウィングス(Eagles' Wings)の創設者兼エグゼクティブ・ディレクター。の創設者であり、エグゼクティブ・ディレクターです。

エルサレム・ポスト紙に掲載された原文の記事はこちらです。

最近の投稿
X