巡礼の神学

 ブログで

17世紀のイギリスで、ジョン・バニヤンという牧師が、違法な説教をして獄中にあったとき、『この世から来たるべきものへの旅』と題する寓話集を書き始めた。通常、単に「巡礼の旅」と呼ばれるこの本は、聖書を除けば、最も広く配布され、印刷されたキリスト教書籍のひとつとなった。この本は、主人公の巡礼者であるキリスト教徒が、多くの試練と誘惑を乗り越えながら、地上の「破壊の都」から天上の「天空の都」へと向かう物語である。

この文学作品に影響を受けたことを除けば、今日、欧米の福音主義キリスト教の世界では、"pilgrim "という言葉はほとんど使われていない。通常、「巡礼者」といえば、植民地時代のアメリカの海岸で最初の感謝祭の宴を開いたイギリス人巡礼者たちのことを指すのである。

古今東西のイスラエルの人々にとって、巡礼は極めて重要な意味を持つものであり、神はこの世代の教会にそれを回復させ始めておられるのです。

地上から天国への巡礼は、確かに私たちの信仰の中心的で力強い部分ですが、聖書の巡礼の神学は、私たちの人生における神の永遠の目的に私たちを合致させ、さらに多くのものを回復させることができます。

詩篇84篇5~7節はこう宣言しています。

5 あなたのうちに力を持つ者は幸いである。
その心は巡礼に向けられる。
6 バッカの谷を通るとき
彼らはそれを泉とする。
雨はまたそれを淵でおおった。
7 彼らはますます強くなる。
シオンで神の前に現れる。

この詩篇は、イスラエルの民が毎年、聖書の祝日に参加するためにシオン(エルサレム)に向かう霊的巡礼の文脈で書かれたもので、それはイスラエルの各地から長く困難な旅であった。その旅は、イスラエルの各地から、砂漠を越えて、神の家であるエルサレムまで、多くの人々が数日間かけて旅をするものであった。

これに対して、今日、福音主義の世界では、神との個人的な関係が強く強調されているため、私たちの体は聖霊の神殿であり(1コリント6:19参照)、どこにいても神と命を与える個人的なつながりを持つことができると聖書が語っていることにしばしば焦点が当てられている。

しかし、私たち西洋人の考え方に欠けているのは、聖書が信仰の中心であるエルサレムを重要視している点です。聖書は、私たちが行いによって救いを得ることができないことを明らかにしていますが、教会として、私たちが信仰の旅を、数分の時間で、「イエスを心に招く」ことだけに限定すると、やりがいのある労苦の多くを失ってしまうことになるのです。

古代イスラエルの人々や、今日世界中から巡礼に訪れるユダヤ人のように、私たちが内面的な巡礼だけでなく、文字通り私たちの霊的な生家、神の家の中心であるエルサレムに巡礼するとき、私たちの心の中に何か深いものが起こるのである。それは深い意味での "帰郷 "です。私たちの神、イスラエルの神は、千代に渡る約束を守る神であると、その存在そのものによって叫んでいる土地を直接目にするとき、私たちの神学は拡大されるのです。

今日、イスラエルの地には、通常であれば毎年数百万人の観光客が押し寄せ、その多くは初めて聖地を目撃する。この旅は、真の信仰を持つ人々にとって、意義と充実感に満ちた現代の巡礼の旅となるのである。

皆さんは、心の故郷であるエルサレムへの最初の巡礼はもうお済みですか?もしまだなら、自分の旅を計画することから得られる祝福を受けるのに、遅すぎるということはありません。詩編84編にあるように、「心を巡礼に向ける者」(5節)は祝福されます。今年のエルサレムへの参加は、今すぐここをクリックして詳細をご覧ください。

巡礼の神学は、神を白黒ではなく、生きた色で見ることを可能にします。それは、天国での信仰と同じように、地上でも多次元的な信仰を持つことを可能にします。さて、あなたは何を待っているのでしょうか?この時代に神が人々を目覚めさせるために何をなさっているのか、一緒に認識しましょう。巡礼の神学を受け入れる人々に対して、神は私たちが力強く前進することを約束しています。(詩篇84:7)。

最近の投稿
X